〒105-0004 東京都港区新橋3-4-8 昌栄ビル2F
TEL 03-3503-1182

    • 診療時間
    • 平日  9:30~13:00 / 15:00~19:00
      土曜日 9:30~12:00 / 13:00~16:30
    • 休診日
    • 日曜日・祝日

歯周内科治療

  • HOME
  • 歯周内科治療

歯周内科治療とは

歯周病DNA検査とは

当院では歯周内科治療を導入しております。
特殊な顕微鏡(位相差顕微鏡)を用い、歯周ポケット中の微生物(細菌・真菌・原虫など)の状態を調べ、その状態に応じて、抗菌剤(バイ菌を殺す薬)や抗真菌剤(カビに効く薬)を使用し感染微生物の除菌を行います。
当院で行っているPCR法は、歯周ポケット(歯茎の隙間)にある歯垢(プラーク)を採取して、その中にいる歯周病菌のDNAを調べますので出血や痛みをともないません。

歯周病予防

歯周病の直接の原因は「プラーク(歯垢)」です。日ごろからプラークをつきにくくすると、歯に付着したプラークを歯ブラシや歯間ブラシ、デンタルフロスなどを使って落としていく必要があります。
食後8時間ほどでプラークが作られ、約16時間でバイオフィルム(「フィルム」=膜のようなもの)を作り出し、ネバネバしたバリアーを張りしっかりと歯にくっついてしまいます。バイオフィルムはプラークがグループを作りフィルム内でさらに増殖する環境を作り出しているため、抗菌薬の浸透すら防ぐとも言われており、歯磨きでは落とせなくなっています。
そのバイオフィルムは、約48時間で歯石になってしまうことが明らかになっています。このことからも、歯周病の予防は「時間との勝負」であることがお分かりいただけると思います。

歯周内科治療方法

歯周病DNA検査方法

特殊な顕微鏡を用い、歯周ポケット中の微生物の状態を調べ、その状態に応じて、抗菌剤を使用し感染微生物の除菌を行います。
歯周病の原因菌の中でも最も悪玉菌であると言われている6菌種のDNA診断を行うことが可能です。

  1. P.g菌(Porphyromonas gingivalis)ポルフィロモナス・ジンジバリス
  2. T.d菌(Treponema denticola)トレポネーマ・デンティコーラ
  3. T.f菌(Tannerella forsythensis)タンネレラ・フォーサイシア
  4. A.a菌(Actinobacillus actinomycetemcomitans)アグリゲイティバクター・アクチノミセテムコミタンス
  5. P.i菌(Prevotella intermedia)プレヴォテーラ・インターメディア
  6. Fusobacteriun nucleatumフソバクテリウム・ヌクレアタム

歯周内科治療の特徴

歯周病DNA検査の特徴

歯周病菌の検査は、PCR法が開発されたことにより、菌の種類を特定することが可能となりました。
リアルタイムPCR検査によって歯周病菌が確実に減少したかどうかをチェックできます。

お問い合わせ

当院へのお問い合わせはお電話にて
ご連絡ください。
TEL 03-3503-1182
【診療時間】
平日 9:30~13:00 / 15:00~19:00
土曜日 9:30~12:00 / 13:00~16:30
【休診日】
日曜日・祝日