〒105-0004 東京都港区新橋3-4-8 昌栄ビル2F
TEL 03-3503-1182

    • 診療時間
    • 平日  9:30~13:00 / 15:00~19:00
      土曜日 9:30~12:00 / 13:00~16:30
    • 休診日
    • 日曜日・祝日

医院コンセプト

  • HOME
  • 医院コンセプト

医院コンセプト

医院コンセプト
  • 健康な歯の維持
  • 口内環境を整える
  • 栄養面からみた歯科治療

当院では、この3つのコンセプトの基、診療を行っております。歯の病気は、身体の病気にもつながるといわれ、歯の予防はもちろん、身体の栄養管理についてのご相談も承っております。院長のモットーで「たかが、歯1本と馬鹿にするなかれ!」に従い、健康な歯を目指すことを前提に、あらゆる悩みに対する治療を行っております。

身体と歯の関係性

身体と歯の関係性

新型栄養失調という言葉をご存知ですか?
摂取カロリーは足りているが、タンパク質やミネラルなどの特定栄養素が不足してしまう状況の事を指します。主な要因としては、偏った食生活が原因となります。これにより、身体が栄養不足の状態に陥り、歯にも影響が出てくることが判明しています。ただ、治療するだけではなく、食生活も見直すことで、健康な身体と歯への一歩となります。

WHOが定める一日の砂糖摂取量は25gです。

  • 清涼飲料水500mlに含まれる砂糖の量は40gで1本飲むだけでも必要十分量を超えている。
  • これを規定値にもっていくと年間の歯科医療費が大幅削減できる。

 

80歳になっても自分の歯を20本以上保とうという「8020運動」があります。20本以上の歯があれば、食生活にはほぼ満足することができると言われており、生涯自分の歯で食べる楽しみを味わえるように始まりました。
日本では、「歯周病」で歯を失う人が多いのが現状です。歯周病は歯を支えている顎の骨が徐々に壊れていく病気で、正しい治療やケアをしないとやがて歯がぐらぐらになり抜歯を余儀なくされます。また、歯周病は全身の病気と深い関わりがあります。
しっかり噛むことで、唾液が分泌され歯周病予防になり、よく噛んで食べることにより満腹感を得られ食べ過ぎずに済み、食生活においては歯周病予防を心がけると、肥満予防につながることも分かっています。

 

口内状態から人の健康状態が分かる

口内状態から人の健康状態が分かる

歯磨きをしていて、歯茎から出血した、なんてことありませんか?

歯茎からの出血は歯ブラシで強く磨きすぎたからという訳だけではないんです。歯茎に炎症が起きているのは細血管が充血をしている状態で、組織自体ももろくなっています。そこへ歯ブラシで刺激をするので、結果として血液が出てくるというのが歯肉炎の出血の簡単なメカニズムです。そのまま放置していると、歯茎からの出血がおこりやすくなってしまいます。実際に、歯茎からの出血した傷口から入ったバイ菌が、約70秒後に腕の血管から確認された事例もあります。歯肉炎から歯周病へ移行するスピードも、ストレスがかかることで早くなると考えられています。
お口からバイ菌が入り全身へ広がるのであれば、まず蛇口の水を止めるようにバイ菌の入口も止めましょう。

栄養管理カウンセリング

栄養管理カウンセリング

日々の食生活や自覚症状をお聞きします。食生活改善や高品質なサプリメントの活用から、歯やお身体の病気・お悩みを改善するための情報をお伝えします。

オーソモレキュラー療法

オーソモレキュラー療法

「分子整合栄養医学」とも称され、適切な食事やサプリメント、糖質コントロールを用いて、身体を構成する細胞のはたらきを向上させて、様々な症状を改善する療法です。 舌のヒリヒリ感や味覚障害、口内炎ができやすい、疲れやすい、眠りが浅い、など診断名がつきにくい身体の不調(不定愁訴)に対しても効果を発揮します。

  • 患者様の血液検査データから栄養状態を解析する。
  • 食材から得られる栄養素(分子)を用いて細胞の機能を向上させる。
  • 検査データを用いることで説得力がある指導ができる。
  • 医薬品基準で作製された医療機関向けサプリメントを用います。

 

お問い合わせ

当院へのお問い合わせはお電話にて
ご連絡ください。
TEL 03-3503-1182
【診療時間】
平日 9:30~13:00 / 15:00~19:00
土曜日 9:30~12:00 / 13:00~16:30
【休診日】
日曜日・祝日