歯を守るための予防歯科

治療のために一度削ってしまった歯は、元の状態に戻すことができません。歯医者に行くことで痛みの原因を取りのぞくことはできますが、治療によって歯の寿命は短くなってしまうのです。

最近では歯が痛くなってから歯医者に行くのではなく、痛くなる前や違和感が出る前に歯医者に行くという“予防歯科”が重視されています。むし歯や歯周病から健康な歯を守るために、予防歯科に通われることをおすすめします。

予防をするメリット

むし歯や歯周病などを予防できる

健康診断を受けるのと同じように定期的に予防歯科に通ってメインテナンスを受けることで、歯の健康維持はもちろん、トラブルを未然に防ぐことができます。

痛みの低減や、治療費ダウンにつながる

定期的に予防歯科に通ってチェックを受けていれば、たとえむし歯や歯周病にかかってしまっても、痛みや症状が悪化する前に発見できます。早期の段階で治療することができれば、治療期間も短くなって費用を抑えることも可能です。

お口の中がスッキリ、ツルツル

予防歯科ではおもに歯や歯ぐきをキレイにお掃除する処置を行います。そうすることで、お口の中はスッキリ爽快。清潔なお口に慣れると、日頃からお口の中の汚れや違和感に敏感になるので、ますますトラブルを見つけやすくなるという効果も。

当院の予防処置

ブラッシング指導

ブラッシング指導

予防ケアで大切なのは日々の正しいブラッシング。それぞれの患者さんに合ったブラッシング方法を、専門スタッフが丁寧に指導いたします。

フッ素塗布

フッ素塗布

歯質を強化するはたらきのあるフッ素を歯の表面に塗布することで、むし歯に強い歯にします。また、再石灰化を促すはたらきもあるため、初期のむし歯であれば治療できる場合もあります。

PMTC

PMTC

PMTCとは、専用の器具を使った歯のクリーニングです。歯と歯ぐきの隙間などに入り込んでしまった、ご自身のブラッシングでは落とせないような汚れを、徹底的に取りのぞきます。定期的に受けることで、むし歯や歯周病の予防に効果的です。

噛み合わせチェック

噛み合わせチェック

噛み合わせが乱れているとブラッシングがしにくいので、汚れが溜まりやすくなってむし歯や歯周病にかかりやすくなります。また、身体全体のバランスも悪くなるので、顎関節の痛みや肩こりなどの原因になってしまうことも。

噛み合わせは変化する可能性もあるので、定期的なチェックを受けることはお口だけでなく身体全体の健康維持にもつながります。

予防方法や定期検診のご相談は、当院にお気軽にお問い合わせください 03-3503-1182

テヅカ歯科クリニック facebook

  • ページ上部にもどる