レーザー治療とは

レーザーには、傷ついた組織や細胞の再生を促す作用があり、早く完治させるうえに再発率を低減させる効果があります。おもに、むし歯や歯周病の治療などに用います。なお、レーザーには副作用の心配がないため、妊娠中の方や高血圧、ペースメーカーを使用されている方なども、安心して治療を受けていただけます。

レーザーはなぜ痛みが少ないの?

むし歯治療を例に挙げてみましょう。レーザーでむし歯になっている部分の水分を蒸発させてから悪い部分を取り除きますが、照射されるのはほんの一瞬なので痛みを最小限に抑えた治療が可能になるのです。また、従来の治療法では、患部の周囲の健康な分まで削る必要があったため痛みを感じることがありましたが、レーザーでは健康な部分にはほとんど触れずに治療できることも、痛みが少ない理由です。

レーザーで治療できる症状

むし歯 歯周病
むし歯になった部分だけを削って、周囲の健康な部分を残すことができます。痛みをほとんど感じず、歯を削る音や振動もないのが特徴です。 レーザーで歯周病菌を死滅させます。炎症や痛みを抑え、早く治します。治癒の促進だけでなく、歯周病の予防にも効果的です。
歯石除去 知覚過敏
歯石を放っておくと、歯周病の原因になります。奥に入り込んだ歯石も、レーザーで痛みを抑えて除去できます。また、殺菌効果も期待できます。 露出してしまった象牙質にレーザーを照射して、「痛い」「しみる」症状を軽減、あるいは完全になくしていきます。
歯ぐきの切開や切除 口内炎
歯ぐきの悪くなっている部分を切り取ったり切開したりする場合も、痛みがほとんどなく、早くキレイに治ります。 すぐに痛みが和らぎ、ほとんど1~2回の治療で完治します。
鎮痛・殺菌・組織の治癒促進  
抜歯や手術後、顎関節痛の鎮痛・殺菌効果があります。治癒促進効果も期待できます。  

レーザー治療をご希望の方はこちらよりご予約ください

テヅカ歯科クリニック facebook

  • ページ上部にもどる