むし歯は早めの処置が肝心です

むし歯は、お口の中に存在する「ミュータンス菌」や「ラクトバチラス菌」などのむし歯菌が食べかすに含まれた糖分をエサにして酸を出し、その酸によって歯が溶かされていく病気です。つまり、「むし歯菌」「糖分」が重なり合う時が、もっともむし歯になりやすいと言われています。

むし歯にいったんなると自然に治癒することはなく、どんどん進行します。放っておけば、最悪の場合は歯を失ってしまうことも。むし歯を予防するために、毎食後は丁寧なブラッシングを欠かさず行いましょう。

むし歯の進行段階と治療法

進行段階 症状 治療法

C0
【ごく初期のむし歯】

C0【ごく初期のむし歯】

歯の表面のエナメル質が溶けはじめ、白く濁っている状態。まだ歯に穴はあいておらず、痛みなどの自覚症状はありません。 適切なブラッシングやフッ素塗布レーザー治療で治ることがあります。

C1
【エナメル質のむし歯】

C1【エナメル質のむし歯】

エナメル質がさらに溶け、黒ずんでいる状態。冷たいものがしみることがありますが、まだ痛みはありません。 むし歯に冒された部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)を詰めて治療します。

C2
【象牙質のむし歯】

C2【象牙質のむし歯】

エナメル質の内側にある象牙質までむし歯が進行した状態。冷たいものや甘いものがしみるようになり、ときどき痛むこともあります。 むし歯に冒された部分を削り、インレー(詰め物)で補います。

C3
【神経まで達したむし歯】

C3【神経まで達したむし歯】

神経までむし歯が進行した状態。熱いものがしみるようになるほか、何もしていなくてもズキズキと激しく痛むようになります。 神経を除去し、神経が入っていた管(根管)の内部を消毒して薬剤を詰める根管治療を行い、クラウン(被せ物)を被せます。

C4
【歯根まで達したむし歯】

C4【歯根まで達したむし歯】

歯の大部分が溶けてなくなり、歯根までむし歯に冒された状態。痛みはなくなりますが、歯根部に膿が溜まると再び痛みが出ます。 多くの場合、抜歯が必要です。抜歯後、入れ歯やインプラントなどで失った歯の機能の回復を図ります。

【歯がしみるのは知覚過敏です!】

歯がしみるのは知覚過敏です!

むし歯ではないのに歯が痛い、しみる……という場合は、知覚過敏が考えられます。知覚過敏は、何らかの原因でエナメル質が薄くなり、神経に近い象牙質が露出することで刺激を感じる症状のことです。適切なケアで知覚過敏の症状は改善できます。お気軽に当院へご相談ください。

むし歯にならないためには、日々の予防が大切です

  • ページ上部にもどる

歯周病は生活習慣病の一つです

歯周病は、お口に潜む歯周病菌により自覚症状がないまま進行してしまう恐ろしい生活習慣病です。歯ぐきに炎症が起きることからはじまり、徐々に顎の骨を溶かし、最終的に支えを失った歯が抜け落ちてしまいます。歯ぐきに違和感(腫れや出血など)があらわれたら、早めに受診する必要があります。

歯周病が身体に与える影響

歯周病菌は、お口に悪影響を及ぼすだけでなく身体へもさまざまな悪影響を与えます。歯周病菌が原因とされる身体のトラブルには次のようなものがあります。

肺炎

歯周病菌が気管に入り込むことで、肺炎を引き起こすことがあります。免疫力の低下した高齢者は、特に注意が必要です。

糖尿病

歯周病になると免疫機能が低下するため、罹患している場合は悪化させる可能性があります。また、逆に糖尿病であると、同じく免疫機能の低下により歯周病リスクが高くなります。

血管障害

歯周病菌が血管内に入り込むと、血栓ができやすくなります。心筋梗塞や脳梗塞などにつながる恐れがあります。

早産・低体重児出産

歯周病菌が陣痛に似た筋肉収縮を起こし、早産や低体重児出産につながる場合があります。

歯周病の進行段階

進行段階 症状

歯肉炎

歯肉炎

歯ぐきに炎症が起きている状態。ブラッシングの際などに出血しやすくなります。歯周ポケット(歯と歯ぐきの境目の溝)の深さは、3mm程度です。

軽度歯周炎

軽度歯周炎

顎の骨が溶けはじめた状態。歯ぐきが腫れ、ブラッシングの際に出血が見られるだけでなく、冷たい水がしみたり、口臭が出たりします。歯周ポケットの深さは、4mm程度です。

中等度歯周炎

中等度歯周炎

顎の骨が半分くらい溶けた状態。歯を指で押すとグラつきます。歯ぐきの腫れや出血に加え、歯が浮くような感じがしたり、口臭が強くなったりします。歯周ポケットの深さは、6mm程度です。

重度歯周炎

重度歯周炎

顎の骨の3分の2以上が溶けた状態。歯のグラつきがひどくなります。歯ぐきが下がり歯根が露出し歯が長く見えたり、歯と歯ぐきの境目から膿が出て口臭がよりきつくなったりします。この状態を放置すると、最悪の場合、歯が抜け落ちます。歯周ポケットの深さは、8mm程度と非常に深くなります。

検査方法と治療法

検査方法

歯周ポケット検査

歯周ポケット検査

「プローブ」というものさし状の器具を用いて、歯と歯ぐきの間の溝(歯周ポケット)の深さを調べます。深ければ深いほど、歯周病が進行しています。
歯の揺度検査 ピンセット状の器具で歯をつまんで動かし、グラつき度合いを調べます。グラつきが大きいほど、歯周病が進行しています。

レントゲン検査

レントゲン検査

顎の骨の状態をレントゲン撮影にて調べます。骨密度が低いほど、歯周病が進行しています。
治療法

ブラッシング指導

ブラッシング指導

おもに、ごく初期の歯肉炎に対して行います。お一人おひとりのお口の環境に適した正しいブラッシング方法を指導します。

※ブラッシングは歯科医院での治療と合わせて行うご自宅でのケアとなりますので、継続して指導することがあります。

スケーリング

スケーリング

比較的軽度な症状の歯周病に対して行います。「スケーラー」という器具を使って普段の歯磨きでは取り除けない、歯に付着したプラークや歯石を除去します。

ルートプレーニング

ルートプレーニング

スケーリングで除去しきれなかった、歯周ポケット奥深くにこびり付いたプラークや歯石を「キュレット」という器具を用いて除去します。同時に、スケーリング後のザラついた歯面をなめらかに仕上げることで、汚れの再付着を防ぎます。

歯周ポケット掻爬(そうは)術

歯周ポケット掻爬(そうは)術

軽度~中等度の歯周炎に対して行う外科的処置です。局所麻酔を行って歯周ポケット内のプラークや歯石、膿、感染した組織を除去します。

フラップ手術

フラップ手術

中等度以上の進行した歯周炎に対して行う外科的処置です。局所麻酔をした後に歯ぐきを切開して顎の骨からはがし、露出した歯根に付着しているプラークや歯石を除去します。また、感染した組織も取り除きます。

歯周病は、原因がはっきりしているため予防できる病気です 歯周病を防ぐためには、日々の予防が大切です

テヅカ歯科クリニック facebook

  • ページ上部にもどる